携帯電話等でご覧になる場合、通信量にご注意ください。 ×

組み立て風景 - 組み立て

当社では、石の部材一つひとつにホゾ穴や合いくちをとり、接着の強度を高めます。
さらに、部材の接合部分に金具を使用し、しっかりと補強。
様々なところで耐震性や作りの強度を高めています。
当社のカロートは、重ねる石塔を安心に支えるために奥行きを長めに作っています。
そして長い間、カロート内部をさわやかに保てるように風窓を取り付ける工法もあります。


合いくち加工

  • 1.合いくち加工を部材に施し、モルタルを使用して施工。

  • 2.目地のスペースを取り、垂直水平に部材を接合していきます。

  • 3.合いくちは部材同士が接し合う場所に取ります。


金具で強度をさらに高める

  • 1.金具も使用し、しっかりと補強をします。


いつまでもカロート内部を爽やかに

  • 1.長い間、カロートの内部をさわやかに保てるように、風窓を取り付けます。(オプション工法)

  • 2.カロート内部の空気を外へ排出するためのパイプを取り付け。

  • 3.外側から見た風窓。


カロートまで組み立てた状態

  • 1.当社のカロートは、重ねる石塔を安心に支えるために奥行きを長く作っています。

  • 2.カロートまで組み立てた状態。


表面を石張り仕上げ

  • 1.表面を石張り仕上げにした時の施行事例です。


Copyright (c)2012 Tanaka Stone Industry Inc. All rights reserved.