携帯電話等でご覧になる場合、通信量にご注意ください。 ×

石の特徴とは

石には様々な特徴があり、それらの特徴を生かして墓石や灯籠等を作っています。
このページでは代表的な石の特徴をご紹介します。


特徴1.石も水を吸う

実は石も、水に濡らせば水を吸い込む性質を持っています。
石は顕微鏡などで見ると、とても細かい粒がギュッと固まっている状態になっています。
これは長い年月の間、地中の圧力によって圧縮されて石が形成されていることを意味しています。
採掘されると、これまで受けていた圧力が弱まり、微かな隙間が生まれます。
そのため石に水をかけると、その微かな隙間から水が染み込んでいきます。
石の種類によって水の吸収率が変わり、「吸水性」の確認調査が行われています。
吸水性が高いと「風化し易い」「水シミがつく」などの劣化現象が現れ易くなります。


特徴2.石はもちろん天然物

石はすべて天然物で、どれも一点もの。
同じ種類の石でも、採掘現場によって違いが出る場合があります。
白御影の美しい光沢が自慢の真壁御影石、黒に緑の輝きが美しいM1H、瑞々しい透明感のあるアーバングレー。
沢山の個性と模様がある石は、まさに地球が生み出した宝物です!
石選びに迷ってしまったら、まずはお好きな色から選びはじめてはどうでしょうか?


特徴3.良質な石の3ポイント

「これは良質な石である」と判断しているポイントは...石の硬さ吸水性きめの細かさの3ポイント。
硬く水を吸わない方が風化やヒビ割れなどが起きにくく、きめが細かいと磨いた時に光沢がよく出ます。

茨城が誇る銘石「真壁御影石」は、密度が高く硬さがあり、吸水性も低い。
そして磨くと美しい光沢が生まれ変色しづらいのが特徴です。
故に、古くから「真壁御影石」は良質な、優良な石材として関東を中心に広がりました。
海外産の石「アーバングレー」は、硬く吸水性が低いため風化しにくい石です。
また、磨くとアーバングレーの最大の特徴である「瑞々しさ」「透明感」が生まれます。

真壁御影石やアーバングレーだけでなく、他にも良質な石を取り扱っています。
お気軽にご相談ください!


Copyright (c)2012 Tanaka Stone Industry Inc. All rights reserved.